矢口真里から学ぶ不倫必敗法

10月23日ミヤネ屋で復活した矢口真里から不倫のバレ方など
不倫必敗法を学ぶべきではないだろうか。

まず知ってほしいことが基本的に不倫がばれないということ。
不倫調査などの探偵業務に支払う金額の相場を知っているだろうか。
1日3万円以上だ。

これが平均で10日ほどなので浮気調査にかかる費用は約30万ということになる。
よくテレビでは簡単に浮気や不倫現場が発見されているが
30万はかけないと見つからないくらい浮気の証拠を抑えるのは難しい。

そこで矢口真里だ。
いとも簡単に不倫がバレてしまった彼女のテクニックとは。

家に呼ぶ

これはダメだろう。
自分の家に不倫相手を呼ぶというのは愚の極みだ。
もしニオイでもつこうものならすぐにバレるだろう。
それ以外にも陰毛などに注意しなければならない。

知らない人もいるかも知れないが陰毛は個人差がかなりある。
ちりちり具合など人によって全然違うので
第三者の陰毛で浮気がバレるということも少なくない。

開き直る

これもダメだ。
女性に多いのが「かまってくれなかったあなたが悪い」と言ってしまうパターン
これでは男は女性を信用できなくなる。

信用していないとかまってくれないを一緒にしてしまってはダメだ。
一家を支える旦那が崩れそうな時に横から
手を差し伸べてくれる存在であれば信頼関係がしっかりと形成されていくはずだ。

まだ別れていない

なんということだろうか。
矢口真里はまだ不倫相手の梅田賢三と同棲しているのだ。
しかも薬指に指輪までしているのだ。
一切反省の色はなし。

むしろ煽っているようにも見えかねないこのスタンスは
今後不倫必敗法として永久に語り継がれることだろう。

 

いろはすのみかんに異物混入!何故詳しく書かないのか

いろはすのみかんに異物が混入されていた問題に関して
一部の商品を自主回収するという発表があった。

詳細>>https://www.cccmc.jp/news/pdf/140919.pdf

ただ、何が混入されていたか、健康被害についてなどくわしいことは特に書かれていない。
しかも、こんな情報は普通知れるものではない。
私も実際にたまたま詳細記事を読んで知った。

本当に誠意があるならパッケージに不祥事があったことを伝えるべきなのだ。
一時的には不買運動など起こるかもしれないが、
そういう細かい誠実さが確実なブランディングに繋がるのではないだろうか。

 

 

元塾講師が語る。宿題代行サービスを頼むと人生負け組になる

最近中学生や小学生の夏休みの宿題を
代行してやってくれるというサービスが人気になっている。

本来は子ども自身がやるべき宿題なのだが、
遊ぶことに一生懸命な子どもたちはぎりぎりになって
切羽詰まる状態に陥り結局お父さんやお母さんなど
親兄弟に手伝ってもらうことになってしまう。 「元塾講師が語る。宿題代行サービスを頼むと人生負け組になる」の続きを読む…