矢口真里から学ぶ不倫必敗法

10月23日ミヤネ屋で復活した矢口真里から不倫のバレ方など
不倫必敗法を学ぶべきではないだろうか。

まず知ってほしいことが基本的に不倫がばれないということ。
不倫調査などの探偵業務に支払う金額の相場を知っているだろうか。
1日3万円以上だ。

これが平均で10日ほどなので浮気調査にかかる費用は約30万ということになる。
よくテレビでは簡単に浮気や不倫現場が発見されているが
30万はかけないと見つからないくらい浮気の証拠を抑えるのは難しい。

そこで矢口真里だ。
いとも簡単に不倫がバレてしまった彼女のテクニックとは。

家に呼ぶ

これはダメだろう。
自分の家に不倫相手を呼ぶというのは愚の極みだ。
もしニオイでもつこうものならすぐにバレるだろう。
それ以外にも陰毛などに注意しなければならない。

知らない人もいるかも知れないが陰毛は個人差がかなりある。
ちりちり具合など人によって全然違うので
第三者の陰毛で浮気がバレるということも少なくない。

開き直る

これもダメだ。
女性に多いのが「かまってくれなかったあなたが悪い」と言ってしまうパターン
これでは男は女性を信用できなくなる。

信用していないとかまってくれないを一緒にしてしまってはダメだ。
一家を支える旦那が崩れそうな時に横から
手を差し伸べてくれる存在であれば信頼関係がしっかりと形成されていくはずだ。

まだ別れていない

なんということだろうか。
矢口真里はまだ不倫相手の梅田賢三と同棲しているのだ。
しかも薬指に指輪までしているのだ。
一切反省の色はなし。

むしろ煽っているようにも見えかねないこのスタンスは
今後不倫必敗法として永久に語り継がれることだろう。

 

テレビの限界を軽々と越えたdビデオが面白い!

地上波放送では自主規制や放送の制限でどんどん激しいことはできなくなっていき
特にバラエティ番組なんかはどんどんこじんまりしていっているように見える。
そんなテレビの常識や限界を軽々と越えているのがdビデオなのだ。 「テレビの限界を軽々と越えたdビデオが面白い!」の続きを読む…

「アビガン錠」エボラの治療薬を意外な会社が持っていた!?

エボラ出血熱の治療薬、特効薬はないのかと心配される中意外なあの会社の製品がいま注目されている。

それが「アビガン錠」である。
なんとこれを出している会社は富士フィルムなのだ。

富士フィルムといえばカメラに使うフィルムや写るんですなどの
インスタントカメラのイメージしか無いが子会社である富山化学工業が
医薬品の開発に取り組んでいる。

2014年3月に日本で製造・販売の承認を取得した。抗インフル薬として一般的な「タミフル」や「リレンザ」などは、ウイルスの遺伝子が細胞内で複製された後の放出を阻害して感染の拡大を防ぐ。これに対してアビガン錠は、ウイルスの遺伝子複製そのものを阻害するという特徴がある。

出典:http://www.huffingtonpost.jp/2014/10/20/avigan_n_6018950.html?utm_hp_ref=mostpopular

そして、エボラウィルスがインフルエンザウイルスに似ていることから
今回エボラ感染者に投薬を行ったところ症状が完治した。

この報告を受けて富士フィルムはアビガン錠を増産決定し
エボラ治療の特効薬として期待が高まっている。

 

健康