芝浦工大が針なし注射器の開発に成功!

芝浦工大が針なしの注射器の開発に成功しました。

新開発の針なし注射器は、高速で発射した気泡がはじける力で細胞に微細な穴を空け、その穴から、試薬をまとった微細な気泡を細胞内に注入する。気泡のガスは細胞内で収縮し、試薬だけが患部に届く。穴の直径は4μメートルほどで、細胞へのダメージも少なくて済む。

これは素晴らしすぎる。
まだ実用には時間がかかるだろうが
これによって糖尿病の子どもたちが注射を打つ時に
少しでも痛い思いをしなくて済むし患者の負担は大きく減るだろう。

ただ、人に気づかれることなく注射を打つことが
出来るようになってしまったので
悪用する輩がでないように特別な許可がないと
購入できないなどの工夫は必要になってくるだろう。