ゲームはグラフィックか?内容か?

ゲームファンの中でときどき起こる
グラフィック重視派とグラフィックなんていらねえよ派の論争

私も小さな時からゲームはそこそこの大会に参加する程度にはかじってきたので
ゲームの今後のあり方については興味がある。

まず、私の意見から言わせてもらうと、
グラフィックは大事だが、それはゲームのジャンルにもよる。
と思っている。

ここではスクエアエニックスの代表作
ファイナルファンタジー(以下FF)シリーズを例に挙げようと思う。

まずFF6までは2Dグラフィックでどの作品も人気を博していた。
どの作品もグラフィックの変化は少ない、強いていうなら4~6は徐々に変化があった。
しかし、大きく変化があったのはやはりFF7だろう。

当時のゲームとしては衝撃的だったのを未だに覚えている。WS000330

今の子供がみたら確実に馬鹿にするだろうが、
こんなのでも当時はすごかったんだよ。

ストーリーもなかなかのもので、
ヒロインが死ぬというのは衝撃的だったし、
音楽面に関してもさすがはFFという感じだった。

そして、自由度もかなり高かった。
シリーズを通して思うことだが、
FFで飛空艇を手に入れた時のワクワク感は半端じゃない。笑

続いて8だがここですさまじいまでにグラフィックが向上した。
WS000331

PSでのこの画質は正直言葉を失った。
まあグラフィックはともかく、ストーリーはどうなのかというと
普通?FFでなければあまりいいゲームだとは思わなかったかもしれない。

WS000332

これはFF9の映像
パッと見た感じ8よりかなり劣化している感じもあるが、
キャラクター以外の細部のところはグラフィックが進化している。

そしてこのFF9一般評価は相当低い。

キャラの等身が変化したことによる違和感から
グラフィックが非常に悪くなったという声や
なんだかしょぼい気がする。
ということでFFのなかでは結構低い評価を受けている。

しかし、しっかりとプレイすると全然そんなことない。
全シリーズをプレイしている私としては、FFシリーズ最高傑作だと思っているこの作品

まず、ストーリーは単純に見えて非常に深い。
いくつもの伏線をしっかりと回収しているし、
特に最後のエンディングに関しては、
ここで泣かない人など本当にいるのか?という感じ

最近のゲームでは声優さんを使うのでそれでは再現できない演出が非常に素晴らしかった。

ただひとつ問題点があるとすれば、
やりこみ派の人にはこの作品はおすすめできない。
制限時間付きで手に入るアイテムがあるのに、
やりこまないと手に入らないアイテムもあるので、
どちらか一方をあきらめざるをえないのだ。

続いて、一般的にはこれがFFシリーズ最高傑作と言われているのだろう。

それがFFⅩ

WS000333

FFはあんまりやったことないって人でもこれだけはやったことある人も多いかもしれませんね。
プラットフォームをPS2に変えストーリーややりこみ要素、
自由度もなかなか良いので非常に大衆ウケする内容で
完成度は高い作品だったと思います。

しかし、ここらへんから一気にグラフィック論争が激しくなります。
グラが悪い=面白くないという固定観念を持つ人まで現れたことにより、
メーカーとしてはグラを重視した開発になり、
ストーリーの緻密さがない素朴なゲームが多くなりました。

また、ゲームボーイアドバンスなどの次世代携帯ゲーム機の登場により、
子どもたちがクリアできないゲームは売上は少なくなり、
簡単なゲームが人気になってきます。

そうなると自然と一般ウケするゲームが多くなります。

そんななか発売されたのがシリーズ最低評価のFF12です。(11はオンラインなので省略)

WS000335

映像だけで言うと素晴らしいと思います。
PS3のゲーム化と思うくらいグラフィックに関しては力が入っています。

しかし、ストーリーがなんともいえない微妙さ、
今までのFFシリーズと全然違うバトルシステム
主人公とヒロインよりキャラが濃い仲間たち
となんとも言えない作品でした。

そして最後にFF13

WS000334

グラフィックはPS3なのでもちろん良い。

ただしストーリーはかなり複雑、
ファルシのルシがどうたらこうたら~~
っていうのがよくわからないままゲーム中盤まで進むので
プレイヤーが置いてけぼりをくらってしまいます。

個人的には結構好きなのですが、大衆受けはしませんね。笑

またこの作品の悪いところはストーリーが1本道なところ。

いままでFFシリーズはある程度の自由度があったからこそ
次へと進むのが楽しかったんだと思います。

しかし、これは長編の映画を自分の操作で延々と見せられているようなもので
ゲームを純粋に楽しむという意味ではかけ離れたものだと思います。

ここまでで感じたことは、自由度が高いゲームであればグラフィックが高くてもおもしろい。
1本道のゲームでは2Dやアクションでグラフィックは程々でいいのではないか。

なんにせよグラフィックに掛ける時間があるのであれば、
ストーリーややりこみ要素を追加してほしいと考えるのが
純粋なゲームファンの望みだと考える。

そんな私が子供向けのゲームにめちゃくちゃハマった記憶がある。

それがロックマンエグゼシリーズだ。

WS000336

 

CAPCOMから発売されているこのシリーズ
これがめちゃくちゃ面白い。

子供向けのゲームとして発売されているはずなのだが、
ストーリーは王道だが近未来を模していて現実的、
バトルシステムは他のゲームにはない爽快感と戦略性がある。
やりこみ要素も異常に多く、完全クリアを目指そうとすると100時間位はかかる。

ヘビーなゲーマーには簡単なのだろうが、
子どもとしてはこれほどやり込めるゲームは中々無かった。

3DSでリメイクされれば間違いなく購入するだろう。

CAPCOMさんよろしくお願いします。笑

まあ、色々と自分の感情がでてしまったが、
面白いゲームが今後も出てくれればそれで大満足なわけだ。

スポンサードリンク

コメントを残す